文系醫學生の記録

北海道大學醫學科學生井上大輔が書いてゐます.

籠球の試合を觀てきた.

過日,籠球の試合を觀てきた. Levanga 北海道と横濱 B-Corsairs の試合だつた.

Ticket は net + credit card で難なく買へた.自由席で 2.5 k 圓だつた.

場所は,北海きたえーるだつた.札驛から東豐線で行けた.豐平公園驛から地下道がつながつてゐて,雪をかぶらずに到達できた.

入口の係員に, smartphone の畫面の ticket

f:id:hydrochloride:20170304211540j:plain

を見せた.係員は,鐵道の改札で切符に捺す stamp のやうな形の device を,私の smartphone にかざした.すると,畫面上の私の ticket に, stamp 樣の圖形が刻印された.上の畫像の ball のやうな圖形がそれだ.これはわかりやすい.感心した.

試合はおもしろかつた.籠球の選手は籠球が上手い.見て滿足した.美味いものを食べた後のやうな滿足があつた.日本語で「美味い」と「上手い」の兩方を「うまい」と言ふのはかういふことだつたのかと,得心した.

また觀に行きたいと思ふ.

[ 共和通日 81977.557 ]

明日, pub に行く.

私は札幌市の都心部に住んでゐる.まはりには pub が多數ある.それを見るにつけ,仕事の歸りにかういふところで fish and chips をつまんで蹴球の試合なんぞ觀ながら麥酒を飮めたらどんなに良いだらうか,と考へてしまふ.

しかし障壁がある.私は,食事は .46 ( Gregorius 暦日本時刻で言へば概ね 19:00 ) に切り上げることにしてゐる.さうしないと体重が增える.なので, pub に行くならば .42 ( 同じく, 18:00 ) には入店せねばならぬ.そのためには .38 ( 同じく, 17:00 ) には仕事を終へてゐなければならぬ.この時刻に仕事が終はる日は,稀である.大學生は忙しい.

そんな生活だが,明日は .38 に仕事が終はる.千載一遇とはこのことだ.だから明日は滿を持して pub に行く.いまから樂しみでならぬ.

[ 共和通日 81976.681 ]

Nike Waffle Racer は暑がりにとつての理想の冬靴だ.

私は札幌市に住んでゐる.冬は雪が積もる.なのでここでは,冬は「冬靴」といふ冬のための靴を履く人が多い.冬靴の例を示す:

私はこれまで冬靴を敬遠してきた.その理由は

  • 重い
  • 暑さう
  • 起毛のものは,菌がよく殖えさう

といふものであつた.冬でも夏用の靴を履いて過ごしてきた.

しかし,この冬は滑つて轉ぶことが多い.先日,轉んで,腕を打つて,痛んだ.耐へ難いほどではないが,普段經驗しない強さの痛みだつた.打つた側の腕を動かすと,肩關節が嵌まる音がした.おそらく脱臼しかけたのだらう.その後 40 日間ほど,件の側の腕を動かすと,肢位によつて痛みが生じた.

今回はこの程度で濟んだが,對策しなければもつと大きな事故が生じるかもしれぬ,と思つて,靴を探し始めた.すると,良いものに出會へた.

Nike の Waffle Racer だ.

Link 先に sole の畫像がある.この sole でしつかりと地面を捉へ,滑りを防止できる.しかも, sole 以外は全くの夏靴だ.「上は夏靴,下は冬靴」の,暑がりにとつての理想の冬靴がここにある.

しかも,この靴で雪を踏むと,名前の通りの waffle 樣の足跡ができる.樂しい.

f:id:hydrochloride:20170228144543j:plain

[ 共和通日 81973.283 ]

味の三平に行つてきた.

大丸藤井 Central のなかにある「味の三平」に行つてきた.

Wikipedia に掲載されてゐる: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%B3%E3%81%AE%E4%B8%89%E5%B9%B3

創業者の大宮守人氏も掲載されてゐる: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E5%AE%88%E4%BA%BA

そのやうな有名店だ.味噌ラーメンの始祖であると記載がある.

味噌ラーメンを食べた. Soup にとろみがあり,うまかつた.

しかし,それよりも,店の雰囲気が良かつた.この店は文具店のなかにある.それも,札幌有数の大きな文具店のなかだ.その文具店の最上階の片隅に,唐突にラーメン店がある.この階に飲食店が複数あり,ラーメン店が一隅を占めているならばさして唐突とも言へまい.しかし,さうではなく,ラーメン店だけがある.文具店の一番奥に急に暖簾があり,暖簾を境に文具店・ラーメン店が切り替はる.ラーメンを食べ終はつて暖簾を潜ると,文具が大量に小綺麗に陳列されてゐる.

このやうな唐突さは,大都市にしかないものである.農村・漁村や小都市にはない.大都市になればなつただけ唐突なものが増える.東京・大阪には唐突なものが極めて多く,これらの都市を飾つてゐる.かかる唐突さを札幌で味はへる.これが味の三平の merit である.

[ 共和通日 81971.131 ]

情弱とは何か

情弱とは,最新の情報機器を持つてゐないことではない.世事に疎いことでもない.割高な買ひ物をよくすることでもない.

情弱とは,いま理解できないものを理解しようといふ向上心を缺き,その結果として,前の時代と同じ單純作業に貴重な人生を捧げて悔いることのなく,他者の時間を奪ひ去つて恥ぢることのない精神のあり方である.

私もまた永遠の情弱である.少し油斷すれば情弱の側に墮ちる.情弱からの脱却を永遠に志し續けることを義務づけられた存在である.

[ 共和通日 81968.609 ]

札幌 Grand Hotel の Starbucks で懐かしい Bach を聽いてきた.

札幌 Grand HotelStarbucks に行つてきた.驛前通に面してをりしかも glass 張りなので,入られたことはなくともご覽になつたことはあり記憶はしてをられる方が多いだらう.

f:id:hydrochloride:20170222230701j:plain

ここに行つてきた.

Starbucks の良い點は, decaf ( decaffeinated ) の coffee を作つてくれることだ.私は, caffeine は入眠の概ね 0.2 d 前までに切り上げることにしてゐる.さもないと,入眠しづらくなり,かつ睡眠が淺くなつて,苦しむことになる.そんな私でも Starbucks ならばどの時刻でも安心して利用できる.しかも Starbucks の decaf の coffee は,おいしい.

このときこの Starbucks では, Bach の音樂をかけてゐた. Bach! 10 kd ほど前には「名曲喫茶」と言つて classic をかける店が多數あつたさうだが,近年はさういふ店はあまり見ない.店どころか,家の外で classic を聽くことが少ないやうに思ふ.

しかも Bach は私の好きな作曲家だ.

靜岡市の小・中・高等學校に通つてゐた時分, 大岩町 の靜岡市立中央圖書館には度繁く行つてゐた.少なくとも 1 k 回は行つたと記憶してゐる.そのころ,そこの閉館時の音樂が Bach の Brandenburg 協奏曲の第 5 番の第 1 樂章だつた.私は,一度圖書館に行つたからにはぎりぎりまで殘らねば損でありしかも頽廢であるといふ考への持ち主だつたので,この曲を最後まで聽いてから去るのが慣らひだつた.このころから Bach は私の最も好きな作曲家だ.

高等學校を卒業する少し前だつたかに Brahms も好きになつた.しかし, Brahms については,大變好きな曲がある反面,どうにも興味を持てぬ曲がある.むしろそちらの方が多い.しかし Bach についてはどの曲も好きである.

次にこの Starbucks に行つたとき同じ體驗ができる保證はまるでない.が,それを求めて,また行かうと思ふ.

[ 共和通日 81967.629 ]

日本野鳥の会の「バードウォッチング長靴」を札幌市民が買つて履いてみた.

日本野鳥の会の「バードウォッチング長靴」

がいまよく賣れてゐるやうだ.私も買つてみた.

『バードウォッチング長靴販売店:北海道』( http://www.wbsj.org/shopping/goods/original-goods/nagagutsu-shop/nagagutsus-hokkaido/ ) を見て,札驛 Paseo East の harmonie per conges payes に行つた.この店は女性向けの服の店なので,長靴は大きな寸法のものがあるか不安だつたが, LL までは置いてゐた. LL を買つた.

履いた感想を記す.

長靴だけあつて,水が浸みなくて良い.札幌の冬では,氣温が 0 ℃ を超えると雪が融けて水溜まりができる.水溜まりの上を歩くと靴に水が浸みて辛い.なのでこれまでは水溜まりを避けて歩いてきた.避けるために徑路を考へるのは煩はしいし,避けたつもりでも水溜まりを踏んでしまふことがままあつた.すると,暖かい日を素直には喜べなかつた.

しかしこの長靴を履いてゐれば水溜まりを氣にせず歩ける.樂だ.春の訪れを歡迎することができる.

この長靴は輕くて良い.

この長靴は柔らかい素材でできてゐる.よつて牀や地面に置くとぐしやりと潰れる.

帝國陸軍では,馬に乘る兵科の士官は馬に乘りにくい柔らかい長靴を履き,歩く兵科の士官は歩きにくい固い長靴を履くならはしだつたさうだ.すると帝國陸軍の騎兵や輜重兵の少尉は任官して初めての俸給でこの長靴のやうな柔らかい長靴を偕行社などから買ひ入れ,地面に置いてぐしやりと潰れる樣を眺めて滿悦したのだらうか,等と考へると味がある.

惡いところも述べておく.靴底が薄いため, 0.02 日も歩くと踵が痛くなつてくる.踏み締められた雪の上を歩くと,滑る.

今後,氣温が 0 ℃ を超える日を樂しく過ごすために,この長靴を愛用してゆかうと思ふ.

[ 共和通日 81967.047 ]