文系醫學生の記録

北海道大學醫學科學生井上大輔が書いてゐます.

圖書館に行つて未來が不安になつた.

今日は大學の文庫に行つて本を借りてきた.

f:id:hydrochloride:20170405230231j:plain

重かつた. 2 kg もある.大學の書籍が全て電子化されてそれを學生・教職員が自由に借り出せるやうになると良いと思ふ.さうなれば私の腰・膝の耐用年數も延びさうだ.

本は重い.こんな重いものを運搬・管理する人員を,今後の日本で確保できるのだらうか.圖書館にずらりと竝ぶ書棚を見て,そこに收められた書が全て手入れされず朽ちてゆくさまを想起して,怖くなつた.

「榮華を極めた我が祖國は

抱へた文化の重さに耐へ切れず

海の底に沈んでいつた」

なんてのは一見,詩情,それも日本人の大好きな短歌型の悲情があるやうだが,冷靜にならねばならない.それは最惡だ.日本が滅ぶといへども,出版大國・飜譯大國として生み出してきた大量の本は殘さねばならない.それが次代に果たす責任だらう.

日本では法整備の遲れがあつて本の電子化が捗つてゐない.早く始めないと時間切れになつてしまはないか心配だ.

今日は久しぶりに教養部の近くの方の圖書館に行つた.前回行つたときとは本の排列が大幅に變はつてゐた.動かすにも工數が要つたことだらう.豫算不足の北大でいつまでさういふことを續けられるだらうか.

Programming の不思議

記號を書いてゐるだけなのに現實の問題が解決してゐる.これが, programming の不思議である.

前段落の現象は大變氣になる.なぜ生じるのか.記號は現實を反映してゐるが,現實そのものではない.なぜ記號を操作するだけで現實が動くのか.私がいま考へられる可能性は

  • Programming は實は記號を書くだけの營みではない.
  • Program が出力した記號に從つて人や機械が動き,よつて現實が變更される.
  • 今日では現實が廣汎に記號に置換されてをり,そのため記號の操作は現實の操作とほぼ等價となつてゐる.

くらゐである.

思想と技術

外に出ると,傘をほぼ水平に持つてぶんぶんと元氣に振つて歩いてゐる人がゐる.當たりさうで危ない.

思ふに思想を學ばずに世界で生きるのは,これと同じくらい他者を害しかねない危險行爲である.

丸腰で荒野に出たら,間もなくして獸に食ひ殺されてしまふだらう.

思ふに數學を知らず program も書けずに世界で生きるのは,これと同じくらい自身を傷めかねない危險行爲である.

なので,思想を學び,數學を知り program を書く道を選んで良かつたと思つてゐる.

さて私の弱みは,上の兩を,迷ひながら,だらだらやつてゐることである.最終的にかういふ route になるならば,もつと速く驅け拔けるべきだつた.

早く決心してゐれば,文學部と工學部をそれぞれ最短修業年限で卒業する,といふ路もあり得ただらう.私自身は留年を大したことだと思つてゐない.教員が決めた科目を教員が決めた順序で修得すれば留年せず卒業できる,決められた科目・決められた順序に違背すると留年する,といふだけのことだと思つてゐる.だが世間には留年した者の話は聞かない,留年してゐない者の話は聞く,といふ選好の人も多いやうだ.なので留年してゐるのは私の實務上の弱みと言へる.

既得権益としての情弱

情弱の団体では情弱的方法で実績を出して発言力を得た人がうようよいる。なので情弱の団体で新しい方法を提案すると彼らの既得権益を脅かすことになり、排除される。

靜岡 Golden 橫丁に行つてきた.

https://jsk-asty.jp/info/271/

靜岡 Golden 橫丁に行つてきた. Bubble 時代を模した,といふ觸れ込みの飲み屋街である.Bubble 時代よりは昭和 30 年代の taste であつた.ブレてゐる.

內裝は俗惡な fake であつた.しかも,他の都市で見たことのあるものだつた.

しかし,他の都市にあるものが靜岡市にもあるといふのは,きつと大事なことだらう.

朝 5 時まで開いてゐて助かつた.吳服町・兩替町あたりの店は閉まるのが早い.

靜岡驛から外に出ずに行けるやうになるともつと良い.

卒業・就職の時期に思ふ

學校を卒業して就職する人が身のまはりに多く現れる時期になつた.

昔,身近な人が一人,卒業・就職してしばらくして,自殺した.自殺までゆかなくとも,二十代の前半といふのは,怪我や病氣の多い時期である.厄年なるものが設定されてゐるだけのことはある.世界で何事かを爲さむと意氣込んで就職した矢先にままならぬ事情で進路の變更を迫られ氣の毒に思つた例も多い.

前段落の經驗により,私は,卒業・就職の人に「頑張つて」とはとても言へない.かと言つて,「頑張るぞ!」と決心してゐる人に「頑張るな」とも言へない.そもそも,他者に極力指圖をせず,他者の良心に極力干渉しないといふのが私の方針である.死ぬことによつて完成した事業や修行といふのも,歴史上やはり存在したと思つてゐる.他者が良心によつて熟慮の末にそれを選擇して實行しようとするならばそれを尊重しなければいけないと考へてゐる.

なので,私自身がどうしたいかだけを記しておかうと思ふ.他者には贊同も同調も求めないが,何かの影響をもたらすことがあれば良いと思ふ.

私は死にたくないと願つてゐる.死んでしまつたら,私が養つてきた才能,私が受けてきた教育をもう二度と世界と他者のために使ふことができなくなつてしまふ.なので,損をしても,恥をかいても,思ひ通りにならぬことが多くとも,自分の思想の破綻,思想と行動の矛盾に氣づいてしまつても,まづは圖々しく,かつふてぶてしく,生きてゆかうと思つてゐる.

相対性理論系情弱

コンピュータを使うと 10 分で仕事が終わる、使わないと 50 分かかるというのが確定しており、それを見せても、「使わない方が速い」と主張する人がたまにいる。おそらくその人のまわりでは時空間が歪んでいるのだろう、ということで「相対性理論系情弱」と呼んでいる。