読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文系醫學生の記録

北海道大學醫學科學生井上大輔が書いてゐます.

解剖学ラテン語講座 第1曲用

解剖学ラテン語講座

第1曲用は、AとBとCに分類される。Aが多数であり、B, Cはごく少数である。

A a, ae, ae, arum の型

名詞 arteria (動脈) は次のように曲用される:

 

単数主格 arteria

単数属格 arteriae

複数主格 arteriae

複数属格 arteriarum

 

 

この曲用のパターンを、「第1曲用」と称する。語尾だけを取り出して書けば、

 

a, ae, ae, arum

 

となる。

  

練習問題A

次の第1曲用の名詞を曲用せよ。

1 vena (静脈)

2 mamma (乳房)

3 aorta (大動脈)

4 bucca (頬)

5 fascia (筋膜)

6 fossa (窩)

7 glandula (腺)

8 papilla (乳頭)

9 arteriola (細動脈)

10 scapula (肩甲骨)

 

第1曲用の名詞はほとんどが女性であり、少しが男性・中性である。

 

B e, ae, es, arum の型

 

raphe (縫線) がこれに属する。

 

raphe, raphae, raphes, rapharum

 

と曲用する。

 

C es, ae, ae, arum の型

 

diabetes (尿) がこれに属する。

 

diabetes, diabetae, diabetae, diabetarum

 

と曲用する。

 

 

広告を非表示にする