読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文系醫學生の記録

北海道大學醫學科學生井上大輔が書いてゐます.

解剖学ラテン語講座 名詞第2曲用

*本講座では、名詞の曲用は単数主格・単数属格・複数主格・複数属格をコンマで区切って記す。

 

第2曲用には4つの類型がある。

 

A us, i, i, orum の型

musculus (筋肉) は

musculus, musculi, musculi, musculorum

と曲用する。語尾だけを取り出して書けば、

 

us, i, i, orum

 

である。

 

この型の名詞はほとんどが男性であり、少しが女性・中性である。

 

練習問題

次の第2曲用Aの名詞を曲用せよ。

 

1 musculs (筋)

2 anus (肛門)

3 nervus (神経)

4 arcus (弓)

5 fasciculus (束)

6 funiculus (索)

7 gyrus (回)

8 lumbus (腰)

9 nucleus (核)

10 plexus

 

 

 

B um, i, a, orum の型

 

collum (頸) は

 

collum, colli, colla, collorum

 

と曲用する。語尾だけを取り出せば

 

um, i, a, orum

 

である。

 

この型の名詞はすべてが中性である。

 

 

練習問題

次の第2曲用Bの名詞を曲用せよ。

 

1 collum (頸)

2 brachium (腕)

3 antebrachium (前腕)

4 atrium (房)

5 cerebrum (大脳)

6 ileum (回腸)

7 labium (唇)

8 ostium (口)

9 palatum (口蓋)

10 velum (帆)

C os, i, i, orum の型

 

topos (場所) は、

 

topos, topi, topi, toporum

 

と曲用する。語尾だけを取り出せば、

 

os, i, i, orum

 

である。

 

この型の名詞は、すべてが男性である。この型の名詞は、解剖学では用いない。

 

 

D on, i, a, orum の型

 

colon (結腸) は、

 

colon, coli, cola, colorum

 

と曲用する。語尾だけを取り出せば、

 

on, i, a, orum

 

である。

 

この型の名詞は、すべてが中性である。

 

C, D の名詞はギリシア語起源のものが多い。

 

練習問題

 

次の第2曲用Dの名詞を曲用せよ。

 

1 ganglion (節)

2 colon (結腸)

3 skeleton (骨骼)

4 organon (器官)

5 olecranon (肘頭)

広告を非表示にする