文系醫學生の記録

北海道大學醫學科學生井上大輔が書いてゐます.

Dvorak 配列使用者は Qwerty 配列に適応できるか

私は自分の computer の key 配列は dvorak にしている。Qwerty 配列は手根管症候群をもたらすリスクが高いと考えたことと、key 入力の効率を追求したいと思ったことが採用の理由だ。

だが、大学の computer 等、他人のものは、 qwerty 配列である。dvorak を使っている者がこれに適応できるか、気になる人は多いだろう。私も、これが不安で dvorak の採用を一度諦めたことがある。

結論を言うと、十分適応できる。Touch type しようと思うと手が自然と dvorak の動きをしてしまうが、key top を見ながら打てば大丈夫だ。

ただ、たまに間違うこともある。A と M は、qwerty でも dvorak でも同じ位置にある。このため、この二文字を入力すると、頭のなかの mode が qwerty から dvorak に切り替わってしまう。今日は「make」の入力を三度間違えた。

広告を非表示にする