文系醫學生の記録

北海道大學醫學科學生井上大輔が書いてゐます.

医学における bad knowhow

Bad knowhow (http://0xcc.net/misc/bad-knowhow.html) という概念を半年ほど前に知り、強く惹きつけられている。どこかで「UNIX は bad knowhow の塊」という言葉を聞いて、おもしろいなと感じた。

「医学 バッドノウハウ」で検索すると、医学のアドホックな部分、あるいは医学のバッドノウハウについて - Togetterまとめ が出てくる。医学における bad knowhow は、系統的でない知識である、との見解が示されている。

私は、医学における bad knowhow にはもう一つの群があると思う。それは、練られていない命名だ。例えば、血液凝固因子VIIの欠損で生じる血友病は「血友病A」と称され、血液凝固因子IXの欠損で生じるものは「血友病B」と称される。この命名法では、今後血液凝固因子I~VIIに起因する血友病が発見されたときに対応できない。拡張性を欠く命名法は bad knowhow になり得る。その点、最内の電子殻に「K殻」と名付けた化学者は賢明だったと思う。

広告を非表示にする