文系醫學生の記録

北海道大學醫學科學生井上大輔が書いてゐます.

解剖学ラテン語講座 形容詞第3曲用

形容詞第3曲用は、

・i幹A (男性単数主格が -er で終わるもの)

・i幹B (子音幹に由来するもの)

・i幹C (A, B 以外のもの)

・子音幹

に分類される。

i幹A (男性単数主格が -er で終わるもの)

単数主格 単数属格 複数主格 複数属格
男性 -er -is -es -ium
女性 -is -is -es -ium
中性 -e -is -ia -ium

男性単数主格が -er で終わりかつ男性単数属格が -is で終わる形容詞が、この類に入る。男性単数主格が -er で終わっても男性単数属格が -i で終わる形容詞は第1・2曲用なので、注意されたい。

i幹B (子音幹に由来するもの)

単数主格 単数属格 複数主格 複数属格
男性・女性 いろいろ -is -es -ium
中性 いろいろ (ただし男性・女性単数主格と同形) -is -ia -ium

i幹Bの形容詞を挙げるときは、単数主格形と単数属格形を並べて記す。

例:felix, -icis (幸せな)、ascendens, -ntis (上に行く)

i幹C (A, B 以外のもの)

単数主格 単数属格 複数主格 複数属格
男性・女性 -is -is -es -ium
中性 -e -is -ia -ium

子音幹

単数主格 単数属格 複数主格 複数属格
男性・女性 -us -is -es -um
中性 -us -is -a -um

子音幹の形容詞は、稀である。

練習問題

次の形容詞を曲用せよ。

1 acer, -cris, -cre 鋭い

2 fontis, -e 強い

3 celer, -eris, -ere 速い

4 felix, -icis 幸せな

5 difficilis, -e 難しい

6 sapiens, -ntis 賢い

広告を非表示にする