読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文系醫學生の記録

北海道大學醫學科學生井上大輔が書いてゐます.

心電図

『ガイトン生理学』の心電図の章を読んだ。

この本では、心臓の脱分極している部位 (のある平面への投影) から再分極している部位 (のある平面への投影) に向かうベクトルが存在し、同一平面上に3本の軸を設定すると、それぞれの軸への正射影が心電図として記録される、という立場をとっている。しかし、平面のベクトルを記録するのに軸を3本使う理由がわからない。2本あれば十分なはずである。

広告を非表示にする