読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文系醫學生の記録

北海道大學醫學科學生井上大輔が書いてゐます.

静岡の母校の近くの図書館に「静岡市例規集」がいまもあって安心した

f:id:hydrochloride:20160912223608j:plain

静岡に帰省したとき,御幸町図書館に「静岡市例規集」があって安心した.自分が中学生のとき,同館の前身 ( と言って良いだろう ) の追手町図書館に「静岡市例規集」があった.編集されていないナマの体制,体制そのものを見て,大いに感じ入った.御幸町図書館に同じものがあるので,当代の中学生も同じ体験をし得る.安心した.

しかし私のときは,

  • 紐で綴じてあって,例規の制定・改正・廃止があったときはページを加えたり除いたりするようになっており,より生々しかった.
  • 隣に静岡県の例規集もあって,比較することができた.静岡市・静岡県のどちらかに特異なものを普遍的なものと勘違いする危険を減らせた.

ので,この 2 点は退歩していると言える.

[ 共和暦 224 年 12 月 27 日 6 時 1 分 ]