文系醫學生の記録

北海道大學醫學科學生井上大輔が書いてゐます.

征夷大將軍の不思議

源頼朝が征夷大將軍になれたのは不思議である.と言ふのは,征夷大將軍は名目上東夷との戰爭のための臨時の軍の指揮官だからだ.源頼朝が任じられた 1192 年,東夷との戰爭など明らかにやつてゐないし,そんな軍も編成されてゐない.だが,源頼朝のことだから,

東夷との戰爭ですか? まだ全然やつてゐますよ! ほら,あそこに東夷が.いまにもこちらに來さうですよ.え,見えないって? をかしいな,そんなはづはない.

くらゐのことは言つてゐさうだ.

もつと不思議なのは明治維新の際の征夷大將軍の廢官だ.朝廷が,東夷との戰爭のために征夷大將軍を置くといふ名目を採用してゐたならば,征夷大將軍をなくす際には東夷との戰爭が終結したことを朝廷は名目上宣言せねばならない.その宣言はしたのだらうか.したとすれば,いつどこでどんな形式でしたのだらうか.

広告を非表示にする